10年前には盛んではなかった婚活サイトがいま高打率なわけ

かなり仲良しの友人から「妊娠した」と連絡がありました。

彼女はよく「婚活中やねん」と言っていて、6年前に結婚した私は「婚活、婚活って具体的になにするの?」などと聞いていたのでした。

「婚活サイトやねん、二件登録しとるよ。」と、友人はサラッと言ってのけ、益々驚きました。

私が現役バリバリで、結婚において売り手市場だった10年前前後には、インターネットを通じて全く知らない人に会うなんて、怪しい人がやること、というイメージが正直あった。私は恐る恐る「会ったの?」

と聞いたら、またまたサラッと「三人会ったねん。」私「!!三人!!」と彼女から根掘り葉掘り聞いてしまいました。私の三度目の驚きは、三人が三人、想像以上にちゃんとした人だった。職業こそ色々あれ、「怪しい人」では全くなかった。

しかも私の友人は、結果、かなり実家が裕福で文化教養に溢れた家族までゲットしたたのです。

これはかなり最上級のあたりくじかとおもいきや、もう一人、インターネットの知り合った東大卒のエンジニアで起業家と結婚したのであります。

私の結論。時代は変わった!未婚既婚、子連れなど色々あるけど、結婚したい人は、まず婚活サイトに登録しましょう。

ここまで世に普及し、未婚人口が増えたいま、怪しいなどと言って、チャンスを逃す方が勿体ないのです!彼氏 振られた直後に立ち直るためにと登録する人も結構いるみたいです。